2022年02月19日

防災だより R3-04

                                                            2022年2月19日    
緑ケ丘地区防災連絡協議会「防災だより」 (全戸配布済)                                                               
                      緑ケ丘地区防災連絡協議会会長                                                                                     鈴木 忠好   
                                                
 火災は緑ケ丘でもおきる 火元にならぬ注意を!!

 緑ケ丘地区は、近年の気候変動を主因とした大規模な集中豪雨・豪雪・暴風などが相次ぐ中、地震を始め自然災害には比較的強いと言われております。
 しかし、火災については、いつ・どこにでも起こり得る身近な災害であり、当地区も例外ではありません。地域としても、火災予防についても防災活動の重要課題として取り組み、日ごろから関心を寄せ、命と財産を守る行動に積極的に取り組まなければなりません。
 この事から、今回の「防災だより」では、起こりやすい家庭火災事例等について掲載しますので、改めて火災に対する備えを各自で見直して頂きたい。また、下部にpdfファイルで、自然災害等で断水が起こりトイレが使えない場合の対処方法についても掲載しましたので参考にして頂きたいと思います。

     
1,トラッキング現象って知っていますか?

 コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、そのホコリが空気中の湿気を吸収する事で漏電 発火する現象です。
※発火が起きやすい場所⇒冷蔵庫・テレビ・洗濯機など裏側にホコリが溜まりやすい場所
     
2、電気カーペットからの事故(参照・日本消費者センター資料)

△電気カーペットの発熱線からの出火電気カーペットを取り扱い説明書に定められた折り方ではない無理な折り方で保管したため、カーペットの中にある熱線が断線や損傷を起こし、火災が発生した。
※保管場所には十分な注意が必要です。

△電気カーペットを使用して就寝中に低温火傷をを負う
スイッチを入れたまま翌朝まで寝てしまった為、長時間触れていた箇所に低温火傷を負った。
※就寝中には使用しない

※上記1、2以外にも、新型コロナ感染症前の防災訓練で模擬演習実施した、油鍋火災の消火方法、消火器の使い方などについても、改めて見直して頂きたいと思います。
    
3、もう一度見直そう 火災警報器・消火器 

 緑ケ丘地区では10軒に2軒がまだ火災警報器が付いていない状況で、消火器については更に低い 設置率となっています。地区町内会連合会、各町内会、地区防災連絡協議会等では、悲惨な事故に繋がらないよう、全戸取り付けを目指して取り組んでおります。皆様のご協力をお願い致します。

△令和3年度火災警報器設置率(緑ケ丘は令和元年度・地区町内会連合会調査による)
  全国 83.1%  福島県 78.3%  郡山市 79%  緑ケ丘 83.1%

△令和元年度の緑ケ丘地区の消火器設置率は、51.1%と低率です。
       
       (ファイル名クリックで表示します)
   
    



            





続きを読む
posted by midobosai at 00:00| Comment(0) | お知らせ

2021年11月30日

防災だより」R3-03

令和3年度「防災だより」第3号 11月25日発行 全戸配布済

  記事内容

1、令和3年度(第9回)防災訓練について

2、広報「こおりやま」12月号、27ページ
   「We love Koriyama」ひとまちストーリー
  緑ケ丘地区防災連絡協議会の活動が紹介されました

      防災だよりR3-03A.pdf A面   PDFファイル名をクリックで開きます

3、「備えて欲しい防災用品」緑ケ丘地区の防災活動

      防災だよりR3-03B.pdf B面   PDFファイル名をクリックで開きます
続きを読む
posted by midobosai at 11:01| Comment(307) | お知らせ

2021年10月21日

緑ケ丘地区防災訓練

  
                                                                                  郡山市緑ケ丘地区防災連絡協議会                                                                                      会長 鈴木忠好

 令和3年度緑ケ丘地区防災訓練の開催                                 

新型コロナ感染防止に伴い規模を縮小して開催し、屋外での消火訓練は雨の為中止しました。

1、日  時: 10月17日(日) 午前9時〜午前12時
2、場  所: 緑ケ丘ふれあいセンター
3、参加者 : 町内会長、防災協理事、民生・児童委員、各種団体長
      中学校、小学校の各校長、幼稚園・保育所の各園長、駐在所所長
      緑ケ丘地域のトップ指導者が参加
 各団体等で防災力向上に努めてもらう。

4、出前講座:  「こんなときどうする、災害から身を守るために」

 講    師: 郡山市防災危機管理課 防災危機専門官  斉藤 茂 氏
 参加人数:  62名(集会室利用制限数 尊守)

 5、その他
(1)消火器の取り扱い       防災協指導顧問
(2)油鍋火災時の消火方法     防災協最高顧問
(3)備えて欲しい防災用品     防災協会長
   停電・断水時にトイレを流す方法
   ※(3)は下部にPDFファイルで表示しております。
(4)防災用品の展示
(5)防災関係パネル、ダンボールベット(東京オリンピック選手村使用と同じもの)  

 自主会長挨拶CIMG8048.JPG 
    自主防災会長挨拶
 CIMG8061.JPG   
 講座講演 斉藤先生
 受講風景CIMG8059.JPG 
   受講風景
 DSCN4265.JPG         
  受講風景
 防災用品展示DSCN4254.JPG 
防災用品展示
 備えて欲しい防災用品P4010014.JPG
備えて欲しい防災用品 卓上コンロ、ランタン、食料、ラジオなど

 ダンボールベット・広いフロアDSCN4248.JPG 
 ダンボールベット 広いフロア
 非常用トイレ・テント式個室DSCN4255.JPG  
 非常用トイレ テント式個室

下記のファイルも是非ご覧下さい。ファイル名をクリックすると表示されます。







続きを読む
posted by midobosai at 13:57| Comment(0) | お知らせ